MENU

ひまわりの会から
活動の日々

発達検査

当会は、ご希望に応じて以下の発達検査を行います。

・田中ビネーX
・WISCW

概要

■概要

発達検査を行うことで、発達の客観的観測を行うことができるとともに、子どもの発達状態をアセスメントし、今後の療育の見通しを、保護者の方々によりわかりやすくお伝えしていきます。

■意義

【的確な評価】
検査では、数値だけでなく、検査時の姿勢などに関しても評価します。
また、普段の生活時の状況なども問診により明らかにし、的確なフィードバックを行います。


【的確なフィードバックと今後の展望】
検査を行い、結果を明確に提示したします。
そして、療育の課題と検査結果の照らし合わせ、今後お子様に必要な療育プログラムを作成し、わかりやすくお伝えします。

■当会での検査の特色

@関係形成
検査を行い、本来の対象児の能力を発揮させるためには、試験者とのラポート(信頼関係)が重要な役割を占めているといわれています。
そのため、検査前、特に試験者との接触が無いお子様に関しましては、必要に応じて、検査前に当支援センターにて遊んでもらい、環境に少しでも慣れさせていきます。
また、その際に保護者の方との面談の時間も設けさせていただきまして、あらかじめお子様の状態をお聞かせいただきます。
これにより、より一層確実な評価を出すことができますので、今後の療育に活かせていくことができます。


Aより的確な数値を出すために
お子様の本来のIQを特定することが、検査を行う意義の1つでございます。
そのため、途中で集中力が著しく切れてしまいました場合に関しましては、ご希望により、後日お越しいただきました上で(無料)、再度検査を行います。


B今後の療育との照らし合わせ
検査をより一層意義深いものにするために、結果を提示いたしました上で、今後の療育に役立つようお話し合いの時間を持ちます。


当会での発達検査の評価について(検査をお考えの方は一度ご覧ください)

検査までの流れ

@メール・電話にてお申し込み

A電話にて簡単な面談

B来談いただき、問診及びお子様の場所慣れ

C検査

D後日、「検査結果を通したフィードバック」・「今後の家庭内療育計画表」・「療育スーパーヴィジョン」を書面にて提出いたしました上で、面談を行います。

詳細・お申し込み

■料金などの詳細はこちらから

ホームページ テンプレート フリー

Design by