MENU

ひまわりの会から
活動の日々

代表からの挨拶〜手段と目的〜

皆様、当会NPO法人自閉症児療育支援ひまわりの会のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
私どもは、指導員と、保護者が一丸となり、子どもの将来を見据えた上で、充実した生活を送っていけることを目的として、日々精進しております。
子ども一人ひとりを「個」と捉え、将来を見据えた上で、保護者や関係者が暖かいまなざしで子どもを見守り、教育していくことが広い意味での「療育」と考え、それが子ども達の幸福につながっていくことと信じております。

さて、「療育」の中では、社会のルール・決まりを教えていくことも、1つの重要な要素であり、それは、子どもの教育の中では当然のことです。
それでは、そもそもなぜ決まりを守る必要があるのでしょうか。
思うに、ルールや決まりとは、あくまで「人が生活している国や地域、学校、家庭といった社会の中で生きる」ための手段です。

つまり、社会の中で生きる「個人」がその社会で生活する中での権利や自由といった利益を最大限に享受するため、そしてそれが尊重されるためにこそルールが存在します。

すなわち、幸福に生きることが「目的」であり、そのための「手段・方法」としてル−ルがあるのです。

「決まりやルール、つまり目的を到達するための手段を教えること」に重きを置き、本来「手段」であるはずのものが「目的」となってしまうことにないよう、「幸福に生きる」という本来の「目的」を忘れることなく、子ども達が歩む人生の1つ1つのステージに対して温かい支援を行い、子どもの人生の目的到達のためのサポートを行い、その中で子どもの健全な発達を促していくことが大切だと考えております。


私どもは、以上の観点から、保護者の方と協力して、子どもの人生を支えていくために会を設立いたしました。
そして、その理念が普及され、子ども達とそのご家族がより一層暮らしやすい世の中の創造に寄与していくことを誓います。

尾串光康

NPO法人自閉症児療育支援ひまわりの会 代表
一般社団法人てんとうむし 理事長

滝乃川学園 児童入所施設部 ケース会議座長(26年度・27年度・28年度)


滝乃川学園での研修会時の講師の際の様子(代表尾串)

設立趣旨

特定非営利活動法人自閉症児療育支援ひまわりの会 
設立趣旨書

 自閉症児やその保護者の方を取り巻く環境は、現在、決して十分なものではありません。自閉症児の療育についての情報が不足し、子どもに対してどのように療育を行えばよいか、どのように子どもとかかわればよいのか悩む保護者の方々、そして適切な療育が受けられない子ども達が大変多いのが現状です。また、自閉症に対する理解についても、以前に比べて改善されてきているとはいえ、いまだ広く社会に浸透し切れておらず、自閉症児やその保護者の方々が、生活するうえで周囲の人々からの十分な協力や支援が得られておりません。

今、多くの子ども達や保護者の方々が支援を必要としています。日々成長していく子ども達の、将来を視野に入れた支援を行っていくことが、保護者の方々の願いであり、その実現こそが自閉症児とその家族にとって、欠かすことのできないものとなっています。

そして、自閉症についての正しい理解を地域社会に啓発し、自閉症児とその家族、関係者が、より一層充実した生活を営むことのできる社会を創造することが求められているのです。

私達は、これまで、任意団体として、自閉症を持った子ども達のより良い成長と子ども達や保護者の方がより充実した生活を営むことができるようになることを目標として、家庭訪問による療育の指導・相談や療育教室の開催といった活動を行い、自閉症を持った子ども達とその保護者の方々のサポートに取りくんで参りました。また、自閉症についての正しい理解を地域社会に啓発するため、学習会の開催等の活動も行って参りました。

これらの活動を通して、私たちは、より安定した、かつ大きな支援活動、啓蒙活動を行い、子ども達とその家族の生活を支援していくことが必要であると実感するにいたりました。そして、今後、社会に対して自閉症へのより大きな啓蒙活動を展開していくため、また、より多くの自閉症児とその家族に対してのサポートを続けていくためには、行政や学校、そして多くの人々のご協力を得ること、そして子どもが自閉症と診断されたその日から、将来にわたって自閉症児とその家族に対する支援活動を行うことができる体制を整えることが必要です。

そこで私たちは、その実現のためには、法に沿った法人運営と情報公開を行うことで、組織の基盤を固め、社会的な信用を得ることのできる、特定非営利活動法人の設立が急務であると考え、特定非営利活動法人自閉症児療育支援ひまわりの会を設立することと致しました。

私達は、自閉症児のより良い成長と、自閉症児とその保護者が充実した生活を営める社会の実現を目指して活動していくことを宣言します。


ホームページ テンプレート フリー

Design by